FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  以下宣伝です!

  サッカーに興味のない人も一度は見てみよう!
  というのも、今シーズンからBSでミラン・チャンネルなるものが放送され、
  生放送でないにしろミランの試合を全試合放送するようです。
  無料番組で全試合見れるとか、ミラン好きになれるチャンスです。ぜひ見てみましょう!
2009
05
29

決勝とCL総括

昨日決勝ありましたね、CL。

カードはみなさんも知ってると思いますが、バルセロナVSマンチェスターU

民放でも放送あったから、興味がある人は生見てたかもしれませんね。


自分はスカパーだったんで、放送は試合開始30分前から。

オープニングセレモニーなども含め、決勝の地「ローマ:スタディオ・オリンピコ」の雰囲気というのを楽しみながらの観戦でしたよ。


試合の内容はというと、終始固く、くだらないパスワークの乱れを修正することのできなかったマンUに対し、自分たちのパスを回すサッカーというのをいつもどおりできたバルセロナが、2-0で完勝をした、という感じですかね。

高校時代、サッカー部の監督からいつも練習の時に言われてた、「止めて、蹴る」

このホントに基本的なことを、バルサはハイレベルな世界でやっただけなんですよね。

「止めて、蹴って、動く」

これをリズムよくやるだけで、相手からすればうまくマークにつけず、かといってボールも追えず、チンチンにされるんですよ。

それがマンU相手にあそこまで具現化できるバルサって、すごいんだなぁ。

これが正直な感想ですね。




さて、いろいろなコラムを見ての試合前の予想などを見てみましょうか。

「バルサはいつもの自分たちのパスサッカーができれば、マンU相手と言えども引けはとらない。ボールはバルサが支配するだろうが、マンUは少ないチャンスをものにできるチームであり、守備力も高い。」

まぁこんな感じですかね。

実際はバルサが自分たちのサッカーができて、マンUはそれに対して固かった。

それが結果の2-0という数字にでた感じですね。

たらればは言ってもキリがありませんが、マンUもいつものようにプレイできていたら、バルサもあそこまで回せれなかったんでしょうね。



ここからは、決勝以前の試合に関して。

バルサに関してですが、準決勝のチェルシー戦の前はチェルシー有利の評価が多かったんですよね。

チェルシーはファーストレグのカンプノウ(バルサホーム)で、バルサに点を与えない、そのためにボールを回させない、のミッションを遂行する。

そう試合前から言われており、実際つまらない試合でしたが、それを実行し、結果バルサは1点もとれず、自慢の攻撃力を封じられてしまったんですよ。

そして0-0で終えたファーストレグ。

セカンドレグの前、自分は次はホームで点を取りに来るチェルシーに対し、その少しのほころびをバルサが突いてアウェイゴールを奪い、チェルシーのが厳しいのでは?と思ってました。

しかし実際は、ホームパワーで3割り増し(冗談)されたチェルシーは強く、先に1点を奪い、かつしっかり守り、点を取らなければならないバルサが攻勢にでたところであわよくばもう1点を取る。

この90分のミッションを完遂する間近まできたんですよね。

いや、ファーストレグを合わせて180分のミッションですか・・・。

しかし、あと1,2分というところで、イニエスタにゴールを許して、決勝のキップを逃してしまった。


結果は確かにそうかもしれませんが、チェルシーのヒディンク監督はバルサの攻撃力を十分理解していて、それでいて最初の90分は守るサッカー、ホームの90分は自分たちのサッカー、と区別をする作戦をたてた。

つまり対バルサはこれで行けば攻略できるという、そのためには自分たちの持ち味を消すこともあるが、致し方ない。

この判断がすぱっとできるから、名将なんだと、決勝を見て思いました。


ユーベは、相手が決まって、180分のプランを立てるときに、最初のアウェイはどう考えてたんでしょうかね?

ホームではホームパワーあるから、自分たちのサッカーがしやすい。

ファーストレグがアウェイだから、ここはアウェイゴールを狙いにいくか、失点をしないようにするか。

まぁ2択が代表的な考えでしょうが、このときのユーベはどっちともいえない感じの、中途半端さが出てしまい、結果は1-0でしたが、かなりひどい内容のファーストレグでした。

その結果を引きずってしまい、いくらセカンドレグで自分たちのサッカーができても、準々決勝には届かなかった・・・。


インテルだって、最初にホームで自分たちのサッカーがしやすいはずなのに、相手が昨年のチャンピオンマンUだったからか、なぜか固かった。

それゆえ結果が出せず、失点は0でよかったね、救われたね、といわれるくらいの試合だった。

こうなった時点でセカンドレグのアウェイ戦は点を取りに行かないとダメという、選択肢が限られてしまった。

せっかくたくさんある選択肢を、一つへ一つへと限られる方向に動かされてる、とでも言えばいいでしょうか?

そうなると、なんか負ける雰囲気しかしませんよね、インテルはそんな感じだったかと思います。

確かにセカンドレグのアウェイ戦の内容は、悪くはなかったが、時すでに遅しでしたね。



準決勝までの180分の試合というのは、監督の戦略とそれを実行できる選手のコンディション、雰囲気に飲まれない経験などですが大事ですかね。

バルサは戦略負けしそうでしたが、なんとかチェルシーを倒し決勝へ進んだ。

チェルシーは戦略も、選手の戦術理解もかなりしっかりしてましたが、とどめを刺しきれなかったために、バルサに最後の一撃をもらい、準決でないた。

ユーベ、インテルは最初の90分で固く、自ら不利な方向へ運んでしまった。

こんな感じですかねぇ・・・。

リバプール、ミランがCLでばっか結果を残すといわれてるのは、ここが強みなのかもしれませんね。


そして決勝は、戦術どうこうより、いつもの自分たちのサッカーをいかに出せるか。

あの異様な雰囲気がそれをさせないようにプレッシャーをかけてきますが、それに打ち勝てるかどうか。

バルサはできたが、マンUはできなかった。

これに尽きると思いますよ・・・。


まぁ、なにはともわれ


バルサ、ビッグイヤーおめでとう!!!
スポンサーサイト



  以下宣伝です!

  サッカーに興味のない人も一度は見てみよう!
  というのも、今シーズンからBSでミラン・チャンネルなるものが放送され、
  生放送でないにしろミランの試合を全試合放送するようです。
  無料番組で全試合見れるとか、ミラン好きになれるチャンスです。ぜひ見てみましょう!

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。
  2. 管理人のみ閲覧できます

    2009/05/30(Sat) 13:47- [ URL|Mail ]

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽっぷん

Author:ぽっぷん
ミランとめいぽが主力のブログです!
共通の趣味の人、かも~んw

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。